読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Nostalgia

毎日のことを、毎日のぶんだけ。日常って、実はドラマティックで溢れてる。

浮気者

 

いぬのきもち・ねこのきもち いぬのきもち ウンチとり袋 100枚入

いぬのきもち・ねこのきもち いぬのきもち ウンチとり袋 100枚入

 

 

 

これでスッキリ!! ストレス解消 ぐちの壷 SAN2112

これでスッキリ!! ストレス解消 ぐちの壷 SAN2112

 

 

 

浮気した夫の頭の中

浮気した夫の頭の中

 

 

恋人が浮気未遂をしたらしい。その知らせを聞いたのは、ちょうど事件から1週間ほどたった時のことだった。

不思議なことに、悲しみの涙も、憎悪も無かった。

「まあ、そういうこともあるかもしれないけれど・・・」ただ、わたしからあふれたのは、スパイス程度の苛立ちと、少しくすぐったい笑いだけだった。

私が一途に王子様を追い求めるような、そんな純愛だけを抱きしめて生きてゆきたい人間ならば、絶望したのかもしれない。

そして、ひどく彼をなじって、あなたとはこれっきりだと三下り半を突き付けたかもしれない。

けれども、私はそんな人間ではない。

男なら浮気して当然、それを許す私は寛容で心が広くって、ほらねいい女でしょう、なんてことを言うつもりもない。

そんな波風をたてる度胸も、そしてまだ見ぬ純愛を信じて彼を捨てて、白馬で疾走する新たな王子様を裸足で追いかけるような体力もなかったという方が正しい。

彼氏欲しいが口癖の、ただ理想を追い求めるだけの少女ではなくなったのだ。

漫画に出てくるような理想を具現化した人に憧れ、どうしてもそんな人と結婚したいから世界のどこに居ようとも探し出してやると血眼になれる季節はもう過ぎたのだ。

こんな私だって沢山の感情を持って生きているのだもの。途方もなくて恐ろしくて、考えたくもないけれど、世界の何人もの人が沢山の感情や沸点を持って生きている。

だから、「優しくてかっこよくて誠実で私のことだけを考えてくれて何があっても私のことが好きな動物好き」なだけの人だなんて、こんな広い世界にいないに決まってる。

それぞれ隠し通したい秘密や心の動きをもって生きている。

そしてきっと、憎悪や嫉妬なんていう、いわゆる「負」の感情とやらも、どんなかっこいい人間でも、どんな優しい人間でも持っているものなのだろう。

だから、浮気をしようとした事実そのものはいいのだ。むしろ少しは度胸がついてきたのかと褒めてやりたい。

大切なのは、ここからである。

彼は、女の子を後ろからぎゅっと抱きしめた後、女の子が「もう、寝よ?」と甘い声で囁いた、たったそれだけの静止で、諦めてしまったというのだ。

可愛い子と知り合ったということは知っていた。彼の美的センスは少し世間とずれているかもしれないが、かわいい子と出会ったことを、嬉しそうに、また自慢げに友人たちに喋っていたことも。

そんな素敵な女の子が、少し見せた恥じらいを鵜呑みにして、諦めた事実に私は苛立った。

男女ともに大人だった。少しいい雰囲気の男女が部屋で二人きりになったらどうなるか、を考えると、子供でないならばすぐにわかることだと思う。

その女の子だって、期待していた面はあるかもしれない。今日は少し念入りに体のケアをして、お風呂上りに少しお化粧したかもしれない。

ベッドシーツを新調したかもしれないし、特別にお風呂上りにも香水を振ったかもしれない。

そんな中、ポーズとしてとった「恥じらいの姿」を鵜呑みにされ、寝られる屈辱とはいかほどのものだっただろうか。

私は少し彼女の心中を思って、切なくなった。そして大変申し訳ない、という思いが渦巻いていた。

なんだか、この気持ち、どこかで体験したことがあるような・・・。

ああ、そういえば、と、私は飼い犬のことをふと思い出した。

名前はタルといって、柴犬とシベリアンハスキーの雑種で、少し怖そうな顔をしている、体重20キロほどの大きめな犬だ。

タルは、外の世界が大好きだった。いつも繋がれている紐をかみちぎったり、一瞬の隙をついては脱走していった。

そしてタルの脱走を見つけた近所の人たちがつれてきてくれ、ごめんなさいありがとうございますと頭を下げて回る。

なんだかその時の気持ちに似ていることに気が付いた。

それはすなわち、犬が他人の敷地でした粗相を始末する飼い主の気分ともいえるかもしれない。

どこかで自分のせいではないと思いながらも、もちろん監督不足であったなあという自己の過失を認める気持ちもある、そんな気持ち。

人は慣れると、彼氏だっていつかは飼い犬になるのだ。

確かに私に白馬の王子様は似合わないなあ、と苦笑しながら、今日も彼の償いのために奢ってもらう焼肉屋さんを探して、舌鼓をうつ自分を想像しながらニヤリと笑った。

 

浮気した夫の頭の中

浮気した夫の頭の中